• イーズMyself

確実に解法パターンを覚えるには。

2週間以内に3回使う。






これに尽きる。






人間の脳の性質として、全員に共通していることがある。


重要な情報は長期記憶として残し、


どうでもいい情報は忘れるように作られている、


ということだ。






これは、自分が重要な情報だと思っていれば覚えられるのかというと、


さすがにそんな甘い話ではない。







重要かどうかは、脳が判断するのだ。






脳に覚えさせた情報は、


「海馬(かいば)」というところに仮保存される。







その期間は、2週間〜4週間だ。







海馬に仮保存されている期間中にその情報が何度も使われると、


脳はその情報を重要な情報だと判断し、


長期記憶として「側頭葉(そくとうよう)」という場所に保存してくれるのだ。







大体の目安は、


情報が海馬に入力されてから2週間で3回以上アウトプットすると、


長期記憶として残すことができる。






もちろん、その人の好き嫌いによる影響も少しはあると思うけど、


どちらかというと、覚えるものが苦手かどうかはあまり関係なさそうだよね。







とりあえず入力。


あとは3回以上のアウトプット。







これで嫌でも覚えられる。


さぁ、ペース決めてやってみよう!

21回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

COPYRIGHT(C)E'z CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.